日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


日焼け止めの効果的な塗り方は、



日焼けを一番する夏場の時期に、海にはサーフィンを楽しんでいるサーファーを大勢みかけます。

今回は、サーファーの方が日焼け止め対策に使っていいる方法をお話ししてみます。

日焼け止め対策は、サーファーの方々にとってもやはりとても重要なことなのです。

日焼け止め対策では、一番よい方法は、紫外線にお肌をさらさないということなのですが、それは不可能ですね。

そこで登場するのが日焼け止め化粧品ですが、効果的な使用方法をご存じない方がいらっしゃいます。

日焼け止めの効果的な使用方法は、ポイントが4つあります。

1)日焼け止めのフェイススティックを塗る。
鼻の頭、目の下、頬などのTゾーンに白くラインが残るくらいたっぷり塗ります。

2)日焼け止めの塗り忘れに注意する。
首筋や耳たぶ、腕の内側など、見えない部分は特に塗り忘れることが多い箇所なので、気づいたらそこだけ日焼けしてたことにならないように鏡を使って、塗り忘れを防ぐようにしてください。

3)日焼け止めクリームを適量塗る。
「適量」の量ですが、一般的に日焼け止めに表示されているSPFやPAの効果は1平方センチメートルあたり2ミリグラムずつ塗った場合のことをいいますので、実際塗ってみるとかなり白くなってしまいます。
白くなるのを避けるために、日焼け止めクリームを薄く延ばしてしまうと、当然ながら日焼け止め効果は軽減してしまいます。どうしても白くなるのが嫌な方は、日焼け止めを頻繁に塗りなおすことが必要になります。

4)日焼け止めを90分ごとに塗る。
日焼け止めは、汗をかいたり海水につかったりしているうちに落ちてしまいますし、顔をこすってしまっても落ちてしまいます。海やビーチに1時間以上いる場合でしたら、塗り直すことで、日焼け止めの効果を持続させてるようにします。

関連コンテンツ

日焼け止めの使用期限について

日焼け止めの使用期限ということですが、夏場になりますと多くの人が使う日焼け止めは、夏の終わりとともに日焼け止めも使わなくなってしまい、来年の夏までどこかにしまてしまう方も多いと思います。 日焼け・・・

手作りの日焼け止めの作り方は、

日焼け止めは、日差しの強い夏場の紫外線対策の必須アイテムなのですが、実は手作りができるのです。 手作り日焼け止めクリームの作り方をお話しします。 手作り日焼け止めは、べたつきが少なく、酸化・・・

日焼け止めとファンデーションについて

日焼け止めは、春から夏場にかけて欠かせないアイテムのひとつがですね。 日焼け止め化粧品は、お肌の老化防止のためには必須のアイテムですが、同時に日焼け止め化粧品に含まれている成分によってお肌への負・・・

日焼け止めのSPF・PAとは、

・・・

日焼け止めのspfとは、

日焼け止め商品には、必ず表記されているSPFとPAというのは、なんとなく、数字が大きいほどより強力に紫外線から守ってくれるというのは分かりますが、実際の詳しい意味までは分からない人も多いと思い・・・

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めは、紫外線対策のために使うのですが、正しく塗らないとせっかくの日焼け止めなのにその効果が薄れてしまいます。 日焼け止めの正しい塗り方の基本は、適量を塗ることです。 日焼け・・・