日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


日焼け止めのSPF・PAとは、

日焼け止め商品のパッケージに必ず記載されているSPFとPAの意味なのですが。

日焼けの原因となる紫外線の成分にUVAとUVBという2種類のものがあります。

日焼けの原因となる紫外線の99%がUVAです。

日焼けの原因の紫外線UVAは、お肌の真皮を攻撃して、コラーゲンなどお肌の弾力を保つ成分を破壊し、しわやたるみの原因を作ります。

日焼けの原因の紫外線UVAは、お肌の水分保持に必要なヒアルロン酸も分解してしまうので、お肌の乾燥に大敵です。

日焼けの原因の紫外線UVBは、お肌の表皮を攻撃します。しみやくすみの原因のメラニン色素を増やす働きがあります。

日焼けの原因の紫外線UVBは、浴び過ぎると、にきびなどのお肌のトラブルを悪化させたり、お肌の老化現象を起こしたりします。

日焼けの原因の紫外線UVAを防ぐ強さを表すのがPA、UVBを防ぐ強さを表すのがSPFです。

PAは、+でその強さを表し、+-+++まであります。+が多いほどUVAの防止効果が高いです。

SPFは、数字で強さを表し、50+が最高です。たとえばSPF30のものは、何も塗らずに紫外線を浴びた場合に比べて、日焼けし始めるまでの時間が30倍かかることを表しています。

ビコーゲンの日焼け止め「サンスクリーンミルキー」は、SPF30/PA++で日常の紫外線からお肌を効果的に守ってくれます。

ビコーゲンの日焼け止め「サンスクリーンミルキー」は、お肌にやさしい弱酸性で、乾燥を防いでうるおいのあるお肌を作ってくれますので、敏感肌の方でも安心してお使えける、お肌に優しい日焼け止めです。

関連コンテンツ

日焼け止めの使用期限について

日焼け止めの使用期限ということですが、夏場になりますと多くの人が使う日焼け止めは、夏の終わりとともに日焼け止めも使わなくなってしまい、来年の夏までどこかにしまてしまう方も多いと思います。 日焼け・・・

手作りの日焼け止めの作り方は、

日焼け止めは、日差しの強い夏場の紫外線対策の必須アイテムなのですが、実は手作りができるのです。 手作り日焼け止めクリームの作り方をお話しします。 手作り日焼け止めは、べたつきが少なく、酸化・・・

日焼け止めとファンデーションについて

日焼け止めは、春から夏場にかけて欠かせないアイテムのひとつがですね。 日焼け止め化粧品は、お肌の老化防止のためには必須のアイテムですが、同時に日焼け止め化粧品に含まれている成分によってお肌への負・・・

日焼け止めの効果的な塗り方は、

日焼けを一番する夏場の時期に、海にはサーフィンを楽しんでいるサーファーを大勢みかけます。 今回は、サーファーの方が日焼け止め対策に使っていいる方法をお話ししてみます。 日焼け止め対・・・

日焼け止めのspfとは、

日焼け止め商品には、必ず表記されているSPFとPAというのは、なんとなく、数字が大きいほどより強力に紫外線から守ってくれるというのは分かりますが、実際の詳しい意味までは分からない人も多いと思い・・・

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めは、紫外線対策のために使うのですが、正しく塗らないとせっかくの日焼け止めなのにその効果が薄れてしまいます。 日焼け止めの正しい塗り方の基本は、適量を塗ることです。 日焼け・・・