日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る
「日焼け止めのそこが知りたいコーナー」トップ >  日焼け止めの基本 > 日焼け止めとファンデーションについて


日焼け止めとファンデーションについて

日焼け止めは、春から夏場にかけて欠かせないアイテムのひとつがですね。

日焼け止め化粧品は、お肌の老化防止のためには必須のアイテムですが、同時に日焼け止め化粧品に含まれている成分によってお肌への負担もかかってしまいます。

日焼け止めを使用するのは、できるだけ必要最小限に抑えたほうが、いつまでも若々しいお肌を保つことができます。

日焼け止めは、1日のうち日光に当たる時間が、合計20分程度の場合は、日焼け止めを使わずに、パウダーファンデーションを使用するだけで充分に紫外線からお肌を守ることができます。

日焼けがどうしても気になる場合は、額や頬骨など、日焼けによるしみやしわが出来やすい部分に日焼け止め化粧品を塗って、後はパウダーファンデーションを重ねるように塗ってみてください。

パウダーファンデーションは、紫外線を反射しますので、日焼け止め化粧品だけを使用した場合よりも、強力に紫外線からお肌を守ってくれます。

日焼け止めは、1日に何度も外出するような場合には、SPF20、PA++程度の日焼け止めを朝の日課として使用するようにしてみてください。

日焼け止め化粧品で、SPF50などの強力な日焼け止めも最近多く出回っていますが、機能が強力なだけに、お肌への負担も大きくなってしまいます。

日焼け止めは、日常的な生活をしているだけでしたらSPF20くらいで充分です。

日焼けは、顔の中でも頬骨の高い部分や額は一番しみができやすいですので、そういった部分に日焼け止めを2度、3度と重ね塗りをするようにしてください。

日焼け止めSPF20でも、厚塗りすればそれだけ効果が高くなり、お肌への負担も少なくなります。

日焼け止めではありませんが、日焼けの原因となる紫外線を防止してくれるアロマケアとしてツバキオイルというものがあります。

日焼けの原因となる紫外線を防止してくれるツバキオイルは、入浴後に顔や首、腕などの日焼けしやすい部分をトリートメントしておきます。

日焼けの原因となる紫外線を防止してくれるツバキオイルが浸透して、紫外線からお肌を守ってくれます。外出する時は、軽めの日焼け止めを塗るのもお忘れなく。

関連コンテンツ

日焼け止めの使用期限について

日焼け止めの使用期限ということですが、夏場になりますと多くの人が使う日焼け止めは、夏の終わりとともに日焼け止めも使わなくなってしまい、来年の夏までどこかにしまてしまう方も多いと思います。 日焼け・・・

手作りの日焼け止めの作り方は、

日焼け止めは、日差しの強い夏場の紫外線対策の必須アイテムなのですが、実は手作りができるのです。 手作り日焼け止めクリームの作り方をお話しします。 手作り日焼け止めは、べたつきが少なく、酸化・・・

日焼け止めのSPF・PAとは、

・・・

日焼け止めの効果的な塗り方は、

日焼けを一番する夏場の時期に、海にはサーフィンを楽しんでいるサーファーを大勢みかけます。 今回は、サーファーの方が日焼け止め対策に使っていいる方法をお話ししてみます。 日焼け止め対・・・

日焼け止めのspfとは、

日焼け止め商品には、必ず表記されているSPFとPAというのは、なんとなく、数字が大きいほどより強力に紫外線から守ってくれるというのは分かりますが、実際の詳しい意味までは分からない人も多いと思い・・・

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めは、紫外線対策のために使うのですが、正しく塗らないとせっかくの日焼け止めなのにその効果が薄れてしまいます。 日焼け止めの正しい塗り方の基本は、適量を塗ることです。 日焼け・・・