日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


手作りの日焼け止めの作り方は、

日焼け止めは、日差しの強い夏場の紫外線対策の必須アイテムなのですが、実は手作りができるのです。

手作り日焼け止めクリームの作り方をお話しします。

手作り日焼け止めは、べたつきが少なく、酸化安定性が高いオリーブスクワランで作った手作り日焼け止めクリームです。

手作り日焼け止めクリームの材料です。

A:オリーブスクワラン・・・小さじ2
  ミクロ粒子ニ酸化チタン・・・小さじ2
  植物性乳化ワックス・・・小さじ1
B:精製水・・・大さじ2
  アラントイン・・・小さじ2分の1
C:ハーブエクストラクト(保存料)・・・小さじ8分の1強

手作り日焼け止めクリームの作り方です。

1)AとBの材料を別々の耐熱容器に入れて湯せんにかけます。

2)Aが温まってきたら、よく混ぜて、植物性乳化ワックスをよく溶かします。ミクロ粒子ニ酸化チタンは完全には混ざりませんが大丈夫です。

3)Bを軽くかき混ぜます。アラントインも完全には溶けません。
4)Bが60度から70度くらいに温まったら、AとBを湯せんからおろします。

5)BをAに加えてよくかき混ぜます。
泡だて器やコーヒークリーマーなどで、クリーム状になるまでじっくり混ぜます。

6)クリーム状になったらCを加えて、もう一度よくかき混ぜます。お好みで精油3から4滴を加えてもOKです。

7)温かくてやわらかいうちに保存容器に移してください。出来上がりは50mlくらいになります。

手作り日焼け止めクリームは、意外と簡単にできますね。手作り日焼け止めクリームは、手作りですのでお肌への負担も少ないですし、大体SPF20からSPF25くらいの効果が期待できますよ。

手作り日焼け止めクリームは、冷蔵庫で半年間ほど保存できますので、日差しの強い夏場を乗り切るには充分の量です。

関連コンテンツ

日焼け止めの使用期限について

日焼け止めの使用期限ということですが、夏場になりますと多くの人が使う日焼け止めは、夏の終わりとともに日焼け止めも使わなくなってしまい、来年の夏までどこかにしまてしまう方も多いと思います。 日焼け・・・

日焼け止めとファンデーションについて

日焼け止めは、春から夏場にかけて欠かせないアイテムのひとつがですね。 日焼け止め化粧品は、お肌の老化防止のためには必須のアイテムですが、同時に日焼け止め化粧品に含まれている成分によってお肌への負・・・

日焼け止めのSPF・PAとは、

・・・

日焼け止めの効果的な塗り方は、

日焼けを一番する夏場の時期に、海にはサーフィンを楽しんでいるサーファーを大勢みかけます。 今回は、サーファーの方が日焼け止め対策に使っていいる方法をお話ししてみます。 日焼け止め対・・・

日焼け止めのspfとは、

日焼け止め商品には、必ず表記されているSPFとPAというのは、なんとなく、数字が大きいほどより強力に紫外線から守ってくれるというのは分かりますが、実際の詳しい意味までは分からない人も多いと思い・・・

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めは、紫外線対策のために使うのですが、正しく塗らないとせっかくの日焼け止めなのにその効果が薄れてしまいます。 日焼け止めの正しい塗り方の基本は、適量を塗ることです。 日焼け・・・