日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


無添加の日焼け止めとは、

無添加日焼け止めということですが、夏の強い紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止めは、同時にお肌を老化へと促進させてしまうものがあります。

日焼け止めは、水と油の成分を混合して作られていますが、この水と油を混じり合わせるために乳化剤を使用しています。

乳化剤は、別名「合成界面活性剤」とも呼ばれています。食品などにも使われていますので、微量で良質のものならば、お肌に悪影響を与えることは殆どありませんが、一定の量を超えて使い続けるとお肌に深刻なダメージを与えてしまうのです。

日焼け止めで一般的に大量生産されているタイプのものは、この乳化剤「合成界面活性剤」が大量に含まれています。

日焼け止めには「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が使用されています。

紫外線吸収剤は、シミやシワを防ぐために日焼け止めに含まれているのですが、老化肌やトラブル肌を加速させてしまう結果になってしまうのです。

紫外線散乱剤は、紫外線を拡散してくれて、お肌を守ってくれるのですが、お肌への刺激性が強い成分ですので、長時間、連続して使っていますと、お肌の持つ基礎体力を損なってしまいます。

日焼け止めは、乳化剤や紫外線錯乱剤を使っていないものを使いたいですね。

日焼け止め「日がさ」は、乳化剤や紫外線錯乱剤が無添加なのです。さらに漢方で美白成分として名高い成分が2種類配合されています。

日焼け止め「日がさ」は、化粧品業界で調合の神様と呼ばれた細田文一朗博士のアイデアによって実現した日焼け止めです。

日焼け止め「日がさ」は、手作りで作られたこだわりの日焼け止めですので、一度おためしください。

関連コンテンツ

日焼け止めの選び方

・・・

日焼け止めとスキンケアについて

日焼けの原因となる紫外線は、春から夏場、夏から秋にかけての時期が、1年のうちでもっとも強い時期となります。 日焼けの原因となる紫外線の一要素UVAは、晴れているときばかりではなく、曇りの日でも地・・・

ビオレの日焼け止めは、

ビオレの日焼け止めシリーズを今回はお話しします。 ビオレの日焼け止めは、花王の製品で、どれもさらさらの使い心地で、毎日使いたい、そんな日焼け止めねんです。 ビオレの日焼け止めのライ・・・

ノンケミカルの日焼け止めは、

日焼け止めは、夏場になりますと大活躍してくれますが、ドラックストアや化粧品コーナーには、いろいろな種類の日焼け止めが並んでいます。 日焼け止めの中からノンケミカルなおすすめの商品のお話しをします・・・

日焼け止めクリームは

日焼け対策にいろいろなタイプの日焼け止めが出回っていますが、今回は日焼け止めクリームの中からラ・シンシアのサンシールドゲルのお話しをします。 日焼け止めは、紫外線防止効果が強ければ強いほど、お肌・・・