日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


日焼け止めとスキンケアについて

日焼けの原因となる紫外線は、春から夏場、夏から秋にかけての時期が、1年のうちでもっとも強い時期となります。

日焼けの原因となる紫外線の一要素UVAは、晴れているときばかりではなく、曇りの日でも地上まで降り注いでいます。

日焼けの原因となる紫外線の一要素UVAは、お肌を黒くしますし、皮膚の奥深くにまで入り込むため、長時間浴び続けるとお肌の老化につながってしまいます。

日焼けの原因となる紫外線は、衣服を貫通しますので、衣服を着ているからといって日焼けをしないということは、ありません。

日焼けの原因となる紫外線を通さない性質を持っているのは、シルク素材だけです。

日焼けの原因となる紫外線のダメージを、知らず知らず受けているボディ用の日焼け止めのお話しをします。

日焼け止め用スキンケアにドクターマインツジャパンナチュラルエナジーウエーブが販売している「ホワイトエッセンスボディローション」というのがあります。

日焼け止め用スキンケア「ホワイトエッセンスボディローション」は、強い紫外線を浴びてしまったお肌にビタミンC効果を持続させる「リン酸-L-アスコルビルマグネシウム」と、紫外線の刺激をやわらげてくれる「ゲンチアナエキス」が配合されています。

「ホワイトエッセンスボディローション」には、天然保湿成分であるクエン酸Naとお肌にハリと潤いを与えてくれるBGが、日焼けによるしみやそばかす、乾燥などを防いでくれます。

「ホワイトエッセンスボディローション」のリン酸-L-アスコルビルマグネシウムという成分は、リン酸型ビタミンC誘導体のことです。

リン酸-L-アスコルビルマグネシウムは、酸化しやすいというビタミンCの欠点を補ってくれる新しい成分として注目されています。

リン酸型ビタミンC誘導体は、お肌に吸収されて始めてビタミンCとしての効果であり、お肌を健康に保つ効果を発揮してくれます。

「ホワイトエッセンスボディローション」には、このほかに紫外線のストレスからお肌を守ってくれるゲンチアナエキスが配合されています。

ゲンチアナエキスは、リンドウ科の植物であるゲンチアナ、ルティアからの抽出液で、抗酸化や抗炎症、保湿効果などがあります。

日焼け防止とスキンケアの一石二鳥のホワイトエッセンスボディローションを試してみてください。

関連コンテンツ

日焼け止めの選び方

・・・

ビオレの日焼け止めは、

ビオレの日焼け止めシリーズを今回はお話しします。 ビオレの日焼け止めは、花王の製品で、どれもさらさらの使い心地で、毎日使いたい、そんな日焼け止めねんです。 ビオレの日焼け止めのライ・・・

ノンケミカルの日焼け止めは、

日焼け止めは、夏場になりますと大活躍してくれますが、ドラックストアや化粧品コーナーには、いろいろな種類の日焼け止めが並んでいます。 日焼け止めの中からノンケミカルなおすすめの商品のお話しをします・・・

無添加の日焼け止めとは、

無添加の日焼け止めということですが、夏の強い紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止めは、同時にお肌を老化へと促進させてしまうものがあります。 日焼け止めは、水と油の成分を混合して作られていますが、・・・

日焼け止めクリームは

日焼け対策にいろいろなタイプの日焼け止めが出回っていますが、今回は日焼け止めクリームの中からラ・シンシアのサンシールドゲルのお話しをします。 日焼け止めは、紫外線防止効果が強ければ強いほど、お肌・・・