日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


日焼け止めの選び方

日焼け止めは、春から夏にかけて大活躍しますので、正しい日焼け止めの選び方についてお話ししますね。

お肌の老化の原因に、紫外線が一番影響していることはご存じだと思いますが、紫外線は、シミはもちろんのこと、シワやたるみの原因にもなります。

若々しいお肌をいつまでも保つためにも、紫外線を防ぐことは、必須の条件といえます。

日焼け防止を効果的にして、お肌への負担をなるべく軽くするためには、季節や場所、外にいる時間などによって日焼け止めの強さを変えることが重要になってきます。

日焼け止めの強さの正しい見方は、日焼け止めには、SPFとPAの2つの強度が表示されています。

日焼け止めのSPFは、紫外線のB波といわれているUVBをカットする力を数値で表している単位です。

紫外線B波は、シミやそばかすの原因となりますし、皮膚ガンの原因ともいわれています。

日焼け止めのSPFの後に書いてある数字は、日焼け止めなどを何もつけていない素肌の状態に比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるか、を表しています。

日焼け止めのSPF10の場合は、日焼け開始までの時間を10倍に延ばせるということです。

日焼け止めのPAは、紫外線A波といわれているUVAの防止効果を表しています。

日焼け止めの紫外線A波は、皮膚を黒くする原因となり、シワやたるみの原因となります。PAの後に付いている+記号が多いほど防止効果が強いことを表しています。

日焼け止めのSPFとPAの値が大きいほど、日焼け止めの効果が高いことになります。

日焼け止めの効果の高いものは、皮膚を紫外線から守ってくれるのですが、その分お肌に負担がかかってしまいます。

日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤は、肌荒れの原因となり、錯乱剤はお肌の乾燥を招くことがあります。

日焼け止めは、日光に当るのが1日20分程度でしたら毎日使う必要はありませんし、日焼け止めを1日中つけっぱなしにすることで、かえってお肌にダメージを与えてしまうことにもなります。

主婦の方など買い物などで、1日に何度か日光に当るような方は、SPF20、PA++位の日焼け止めを朝につけることをおすすめします。

日焼け止めを正しく選んで、若々しいお肌を保つようにしてください。

関連コンテンツ

日焼け止めとスキンケアについて

日焼けの原因となる紫外線は、春から夏場、夏から秋にかけての時期が、1年のうちでもっとも強い時期となります。 日焼けの原因となる紫外線の一要素UVAは、晴れているときばかりではなく、曇りの日でも地・・・

ビオレの日焼け止めは、

ビオレの日焼け止めシリーズを今回はお話しします。 ビオレの日焼け止めは、花王の製品で、どれもさらさらの使い心地で、毎日使いたい、そんな日焼け止めねんです。 ビオレの日焼け止めのライ・・・

ノンケミカルの日焼け止めは、

日焼け止めは、夏場になりますと大活躍してくれますが、ドラックストアや化粧品コーナーには、いろいろな種類の日焼け止めが並んでいます。 日焼け止めの中からノンケミカルなおすすめの商品のお話しをします・・・

無添加の日焼け止めとは、

無添加の日焼け止めということですが、夏の強い紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止めは、同時にお肌を老化へと促進させてしまうものがあります。 日焼け止めは、水と油の成分を混合して作られていますが、・・・

日焼け止めクリームは

日焼け対策にいろいろなタイプの日焼け止めが出回っていますが、今回は日焼け止めクリームの中からラ・シンシアのサンシールドゲルのお話しをします。 日焼け止めは、紫外線防止効果が強ければ強いほど、お肌・・・