日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


ニキビができにくい日焼け止めは、

日焼け止めは、夏場の紫外線対策には、絶対に必需品ですね。

日焼けする野外でのプールの引率やキャンプなどの参加は、この時期悩ましいですね。

日焼け止め対策のために、強力なSPF50、PA+++の日焼け止めを使うとお肌が荒れたり、ニキビが出来たりしてしまう方もいらっしゃると思います。

今回は、おすすめのにきびのできにくい日焼け止めをご紹介します。

日焼け止めには、紫外線吸収剤と合成界面活性剤を使っているものが出回っています。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収してお肌にやさしい光線に変えてくれますが、お肌に刺激が強く、長い時間での使用や連続的な使用はお肌の基礎体力を損なってしまいます。

日焼け止めに使用されている合成界面活性剤は、乳化剤と呼ばれ、食品などにも使われています。

日焼け止めは、水の成分と油の成分の2種類でできていて、水と油を混ぜる役割を果たすのが合成界面活性剤です。

日焼け止めに使用されている合成界面活性剤は、微量で良質のものならば体に影響は殆どありませんが、一定の量を使い続けるとお肌にダメージを与えてしまいます。

日焼け止めは、できるだけ紫外線吸収剤と合成界面活性剤を使っていないものを選びたいですね。

おすすめの日焼け止めは、キュベリィの「やさしいUVカットミルク」で、紫外線吸収剤を使用していませんし、ウォータープルーフ機能のために石油系界面活性剤が配合されていますが、出来る限り配合の量を全体の3%まで抑えていますので、お肌への影響を最小限にと考えられた日焼け止めです。

キュベリィの「やさしいUVカットミルク」のお値段は2625円で、ニキビや吹き出物ができにくいと評判です。是非一度ためしてみてくださいね。

関連コンテンツ

日焼け止めと日焼け止め落としは、

日焼け止めと日焼け止め落としなのですが、紫外線は夏場だけでなく一年中降り注いでいますよね。 カネボウの「肌美精」は一年中使える日焼け止めとしておすすめですが、SPFは24と最近の強力な日焼け止め・・・

ベルファムジャポンの日焼け止めは、

日焼けの原因となる紫外線は、一年中降り注いでいるのですが、特に夏場は気になさる方が多いのではないかと、思います。 日焼けの原因となる紫外線からお肌を守るのに、欠かせないアイテムが日焼け止めですね・・・

アトピー肌のための日焼け止めは、

日焼け止めは、夏場の強い紫外線からお肌を守るために、欠かせないアイテムですね。 日焼け止めは、お肌に負担を与えているのも事実ですし、アトピー肌や敏感肌でお悩みの方にとっては、日焼け止めと肌への負・・・