日焼け止めのそこが知りたいコーナーのTOPに戻る


赤ちゃんの日焼け止めは。



日焼けの原因となる夏場の紫外線は、大人だけでなく、赤ちゃんにとっても大敵ですね。

昔は、天気のよい日には赤ちゃんも日光浴をさせましょう。といっていまして、日光浴は成長期に欠かせないものと考えていました。最近は紫外線が赤ちゃんのからだにとってよくないことが分かってきています。

紫外線を大量に浴びますと、シミやそばかすの原因となり、免疫力の低下や皮膚ガンを引き起こしたりする可能性が分かってきています。

日焼けは、午前10時から午後2時までの紫外線が一番強い時期が一番受けやすいとされていますので、この時間帯の外出はさけるようにしてください。

日差しの強い時間帯にちょっとそこまで出かけるだけだから、といって紫外線の対策を何もしないのは、よくありません。

赤ちゃんには、長そでや長ズボンを着せる、赤ちゃん用のサングラスもありますので、できればかけてあげてください。

日焼け止めも忘れずに赤ちゃんに塗るようにしてください。日焼け止めは、早すぎるといってことはありません。

赤ちゃんに日焼け止めを塗る場合には、紫外線吸収剤を使用していない赤ちゃん用の日焼け止めを選んであげてください。

赤ちゃんに日焼け止めを塗る場合には、塗り残しやムラが出ないように薄く均一に塗るようにしてください。

日焼け止めと汗がまざったままのお肌は不衛生ですので、赤ちゃんも夏場は汗の量が増えますので、こまめに汗を拭いて、清潔な状態を保ってあげてください。

日焼け止めは汗を拭くと落ちてしまいますので、日焼け止めをこまめに塗り直してあげてください。

赤ちゃんが日焼けをしてしまった場合には、とにかく冷やしてあげてください。冷たいタオルを日焼けした部分に当てたり、クールローションを使用するのも良いです。

赤ちゃんは、紫外線に長時間当るとみずぶくれなどを起こしてしまいますので、みずぶくれを起こした場合は、速やかにお医者さんに診てもらうようにしてください。

関連コンテンツ

子供用に良い日焼け止めは、

子供用によい日焼け止めといういことなのですが、昔は夏休みには真っ黒に日焼けした子供が普通でしたよね。 日焼けは、子供にとっても大人と同じ様に、紫外線が有害なものであることがわかってきました。 ・・・

ベビー用の日焼け止めは、

日焼けの原因となる夏場の紫外線は、大人だけでなく赤ちゃんにとっても深刻な問題です。 デリケートな赤ちゃんのお肌にも安心してお使いいただける日焼け止めのお話しをします。 ベビー用日焼け止め「・・・